ブランド選択

Q

    X

      閉じる

      2020AWメンズ LARDINI BY YOSUKE AIZAWA (ラルディーニ バイ ヨウスケ アイザワ)、PIERRE HARDY(ピエール アルディ)、Neil Barrett(ニール バレット)、STEPHAN SCHNEIDER(ステファン シュナイダー)バイイング最新情報!

      2020.10.14

      こんにちは、アシスタントバイヤーの末次です。

      朝晩が涼しくなり、秋らしさが増してきましたね。
      その日の気温によってはコートの出番もありそうな季節になっており、洋服選びもワクワクしてくるシーズンとなりました。

       

      今回はインポートブランドをご紹介致します。

       

       

      ■LARDINI BY YOSUKE AIZAWA ラルディーニ バイ ヨウスケ アイザワ)

       

      「ラルディーニ(LARDINI)」と「ホワイトマウンテニアリング(White Mountaineering)」のデザイナー相澤陽介によるカプセルコレクション「ラルディーニ バイ ヨウスケ アイザワ(LARDINI BY YOSUKE AIZAWA)」。

      コンセプトには「スポーツ・アウトドアウェアから着想を得たパターンメイキング」「快適であるためのテキスタイルの追求」「現代的な解釈でのメンズウェア」「あくまでラルディーニであること」を掲げたコレクションを展開。

       

       

       

      今年1月に開かれた世界最大級のメンズ見本市「ピッティ・イマージネ・ウオモ(Pitti Immagine Uomo)」でも披露された、注目のコレクションです。

       

       

       

      2006年にホワイト マウンテニアリングをスタートさせた相澤氏は、これまでにモンクレールやバートン、アディダス オリジナルスなどさまざまな一流ブランドとのコラボレーションを展開し成功を収めてきましたデザイナーです。
      今回のラルディーニも相沢陽介氏とタッグを組んだだけあり、アウトドアやスポーティーな要素が融合しています。
      アウターは機能的にも本格スペックとなっています。

       

       

       

      クラシックなレザースニーカーもリリースされ、ラルディーニのアイコンがさりげないポイントになっています。
      もちろん、フォルムが美しく、ジャケットスタイルにも合うエレガントな佇まいのスニーカーです。

       

       

      ■PIERRE HARDY(ピエール アルディ)

      1999年、フランス・パリにてデザイナーのピエール アルディが自身の名を冠したピエール アルディ(PIERRE HARDY)を設立。
      コレクションは、革新的な創造性と現代的な優雅さへの絶えることのない追求から生み出されており、
      映画のイメージ、建築への好奇心、車、動き、情景などへの愛情を、美的アプローチで再解釈することでクリエーションを落とし込んでいます。

       

       

       

      アウトドアとスポーツウエアから着想を得た、遊び心あふれるフォルムが印象的な“トレック コメット”。
      かかとにストレッチ素材を使いフィット感のよさは抜群です。
      ブランドアイコンとなる3つのキューブ柄を配した個性的なソールは、厚みがあり自然にスタイルアップを叶えてくれるシューズです。

       

       

       

      自身のブランドを立ち上げる以前は、さまざまな高級ブランドでシューズをデザインしたピエールアルディ。
      1988年、クリスチャン ディオールで靴のデザインに携わり、有名となった後、エルメス(HERMÈS)のメンズ、レディースシューズのデザインを経験した実力派デザイナーです。
      当時、ハイブランドにはなかったスニーカーを発表するなど、業界に革新をもたらしたことを考えると、クオリティが確かなものだと感じることができます。

       

       

      ■Neil Barrett(ニール バレット)

      服の特徴はイギリス仕込みのトラッド、テーラードにスポーティな機能性をうまく加えたデザイン、素材とディテールへのこだわりが詰まっています。
      素材の研究とこだわりにはただならぬものがあり、それに完成まで何十回と調整を加えて完成させるコレクションに注目です。

      現代男性向けのストリートウェアやスーツなどのワードローブとして、クラシックな仕立てのスリムなスーツやコートやニットからスウェットなどを提案しています。

       

       

      人気のサンダーボルトのアイテムを始め、クオリティの高いボンディング素材を使用したブルゾンなどスポーティな要素が詰まったコレクションは必見です。

       

       

      ■STEPHAN SCHNEIDER(ステファン シュナイダー)

      『 ユーモアなきファッションは死 』 『 つまらない日常の中に美を見つけ出す 』とデザイナーが語るように、
      素朴で且つ上品・そのエッセンスとしてユニークなものが多く、上質且つ独特な素材使いが特徴なコレクションを展開。

       

       

       

      ステファンシュナイダーの最大の特徴は生地選びにあり、毎シーズン珍しい素材使いが多く、テクニックと遊び心の効いたアイテムが並びます。

       

       

      ステファンシュナイダーのアイテムは、最高品質の仕上がりが施す為に生産設備はベルギーに置き、すべて手作業によりカットされるという徹底ぶりによって生まれています。

       

      そろそろアウターやニットなど、冬に向けてお買い物をされる方も多いと思います。
      店内では珠玉のラインナップにてお待ちしておりますので、是非ご覧になられてくださいませ。

      皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ちしております。