ブランド選択

Q

    X

      閉じる

      #バイヤーズボイス 2021SS メンズ REPLAY(リプレイ)、th(ティーエイチ)、ATON(エイトン)

      2021.02.13

      okamoto

      パリゴ本社

      この人が書いたブログをみる

      皆様こんにちは。
      メンズアシスタントバイヤーのokamotoです。
       
      本日はこの2021SSより新たに加わったブランドをご紹介いたします。
      是非ご覧くだいませ。
       
      ■REPLAY(リプレイ)
      クラウディオ・ブジオール(Claudio Buziol)氏によって1978年スタートした。REPLAY(リプレイ)。
      ジーンズを中心とするトータルカジュアルファッションブランドとして、ハイクオリティーとディテールにこだわったクリエイティブスタイルが全世界で支持されており、近年ではサステナブルにも精力的に取り組んでおり、レーザー加工技術(“リプレイ レーザー ブラスト”)や天然顔料染め(“リプレイ ライフ”)、水使用量削減プロジェクト(“リプレイ ウオーター ゼロ”)を開発・推進しています。
       

      リプレイはデニムからチノパンまで幅広く買い付けております。
      中でも2倍以上のストレッチを備えるHYPERFLEXシリーズは大注目のアイテムです。
      REPLAY(リプレイ)の代名詞的素材で、スーパーストレッチが効いており、ストレスを感じさせない着心地が魅力。
      こちらは、チノパンにも使用されています。
       
       
      ■th(ティーエイチ)
      デザイナーの堀内氏は1998年に15歳で渡英し、2007年にアントワープ王立美術アカデミーを首席で卒業という経歴の持ち主。
      その後、2010年にタロウ ホリウチを立ち上げ、ウィメンズウェアを展開し、2018年秋冬コレクションよりメンズのティーエイチをスタートしました。
      ティーエイチでは、日々の生活のなかに溶け込むようなシンプルなプロダクトを提案し、実用性や快適さ、規律、品質を意識したウェアを展開しています。
       

      21SSはラインが美しいセットアップやベルギーのスケートショップブランドVIERとのコラボアイテムなどバリエーション豊富にピックアップしております。
      テーラリングとストリートという一見相反するテイストを上手くまとめているのもこちらのブランドのすごいところです。
       
       
      ■ATON(エイトン)
      久﨑康晴氏がディレクターを務める「エイトン(ATON)」。
      名前の由来は、 A to N、“あ”から“ん”まで。
      原材料から仕上がりにいたるまで、生産者との密なコミュニケーションをとり、きちんと生産背景を理解した上でものづくりをしたい、という思いが込められています。
       

      エイトンといえば、素材に徹底的にこだわり抜いた上質なカットソーがブランドの代名詞。
      ヌバックの様な表面感を持つ、NUBUCK COTTONやハイゲージのSUVIN COTTONなどシンプル且つ上質なアイテムを買い付けております。
       
      いかがでしたか?
       
      新ブランドも続々と店頭に入荷しております。
      是非、店頭またはオンラインよりご覧くださいませ。
      次回のバイヤーズボイスもお楽しみに!