【クラシコスタイルのすゝめ #13】~TAGLIATORE(タリアトーレ)で旬なクラシコスタイルを~

2022.09.14

sano

パリゴ松山店

この人が書いたブログをみる

こんにちは。

パリゴ松山店のsanoです。

 

9月に入り、グッと気温が下がり過ごしやすい日が増えてきました。

いよいよ皆さん本格的に今季の秋服、冬服を何にしようか模索している頃ではないでしょうか。

そんな気持ちに我こそはと応えるように、店頭では各ブランドから秋冬の新作が日々入荷しております。

 

そして、皆さん注目されているTAGLIATORE(タリアトーレ)の22AWのアイテムも続々入荷しております。

今季パリゴでは、定番のMONTECARLO(モンテカルロ)やカシミヤ素材のハイグレードなアイテムなど絶対的で間違いないものから、時流に沿ったアイテムや新型のモデルなど、いつもと違う切り口のアイテムまで取り揃えた幅広いラインナップとなっております。

今回はラインナップのなかからピックアップした、今季私が個人的におすすめしたいTAGLIATOREのアイテムをご紹介させて頂きます。

 

 

まずは、こちらです。
 

モデルは弊社初の取り扱いとなる「G-GLEN」です。

 

定番のMONTECARLOなど、他のモデルに比べてややリラックスしたパターンに、低めに設定されたゴージライン、4つボタン下1つ掛けのフロントボタンなど、全体的にクラシカルな印象を受けるデザインとなっております。

 

比較的エッジの効いたデザインの多いタリアトーレの中では、異色の存在といえます。

 

素材はコーデュロイのような独特な畝のある生地ですが、ニットのような柔らかい肌触りです。

素材の柔らかさに加え、リラックスしたフィッティング、副資材や裏地を極力排したコンフォート仕様となっているので、その着心地はテーラードジャケットというよりカーディガンを羽織っているような感覚です。

 

ディテール自体はクラシックな印象ですが、ニットやデニムを合わせたややカジュアルなスタイルの羽織もこなせる汎用性の高さも持ち合わせております。

 

テーラードでも、いつもと違う雰囲気を楽しみたい方には特におすすめです。

 

 

お次はこちらです。
 

タリアトーレの一押しコート「C-ARIC」です。

 

タリアトーレらしい幅広のピークドラペルにベルテッド仕様で、リラックス感がありながらも、男性的で力強く、どこかリッチな雰囲気も醸し出す秀逸コートです。
 

上質な生地を惜しみなく使用したAラインのゆったりとしたシルエットですが、ベルテッド仕様なので、ベルトで縛ってシルエットにメリハリを付けることも可能です。
 

また、敢えてベルトをフロントで締めずに着流すように着用するのも、お洒落です。

写真のように後ろで結ばず、そのままベルトの先をポケットに入れてしまっても良いでしょう。

TPOに合わせて着こなしを変えられるので、ビジネス~カジュアルなスタイルまで幅広く着用頂けます。
 

素材はヴァージンウールを贅沢に使用しており、滑らかで艶感のある高級感のある上品な風合いが特徴です。

ふっくらとして暖かみのある生地ですので、真冬でも十分に安心感がありますし、軽い仕立ても相まって、包まれるような柔らかい着心地です。

 

 

いかかでしたでしょうか。

こちらのTAGLIATORE(タリアトーレ)はパリゴメンズ全店(パリゴ尾道店福山店広島店松山店と、パリゴオンライン)でお取り扱いがございます。

是非気になった方は、お早めに店頭までお越しくださいませ。

心よりお待ちしております。

 

PROFILE

sano

パリゴ松山店

この人が書いたブログをみる

SHOP INFO

パリゴ松山店

〒790-0004 愛媛県松山市大街道2丁目5-12 AEL MATSUYAMA 1F

1F AEL MATSUYAMA, 2-5-12 Okaido, Matsuyama, Ehime,790-0004,Japan

[駐車場]松山商店街契約駐車場

11:00 - 20:00  無休(但し、年末年始を除く)