マガジン


インポートをどう着こなす?個性光るアイテムの活用術!


皆さまこんにちは。
パリゴ銀座店の住舎です。

梅雨も佳境ですね。
7月を目前に、夏の身支度は進んでますか?

 

定番アイテムでも個性光るディテールでオリジナリティ出したいなぁ、、、とお望みの方や、
こうゆうアイテムってどうスタイリングしたら良いの?とお悩みの方に。

今回は、豊富な海外買付の経験を持つバイヤーが満を持してオススメするインポートアイテムで、そのスタイリングをご紹介させて頂きます!

 

トップバッターは【デニム】

 

 

カットソー  Mame Kurogouchi
デニム  MAURIZIO MASSIMINO  SS18BOY138 ¥53,000+tax PCスマホ
サンダル PIPPICHIC PP18SVPC19 ¥36,000+tax→¥25,200+tax PCスマホ
帽子 Chapeaud’O  886360205 ¥14,000+tax→¥9,800+tax PCスマホ
バッグ MARY AL TERNA MA8101BG06 ¥37,000+tax→¥25,900+tax PCスマホ

 

1年通してデニムをよく履く文化を持つ、イタリア発のMAURIZIO MASSIMINOのデニムは、ヴィンテージ感のあるボタン使いが目を引き、フロントボタンや赤耳など、随所の拘りがデニムコレクションの1本に加えたい逸品です!

スタイリングのポイントは、主役のデニムを引き立て且つ女性らしく魅せるで、バックコンシャスのカットソーとシンプルな組み合わせに。

 

 

続いて【ワンピース】

 

ワンピース roberto collina  V56034 ¥41,000+tax→¥28,700+tax PCスマホ
サンダルPIPPICHIC PP18SSSSRSQCHAC ¥29,000+tax→¥20,300+tax PCスマホ
バッグ GIANNI NOTARO  959 ¥22,000+tax PCスマホ
ネックレスGOOSSENS Paris GOP18PE025 ¥37,000+tax PCスマホ

 

世界中からのオファーが絶えない老舗のニットメーカーでもある、イタリア発のrobertcollina(ロベルトコリーナ)のワンピースは、着るだけでサマになる1着です。

カシュクール風のデザインや高めのウエスト切替でスタイルアップ効果が望めるだけでなく、合わせる小物次第で様々なシーンに活躍してくれますよ!

今回はタウン仕様に小物をチョイス。革のバックとヒールサンダルで颯爽と歩くイメージに仕上げました。

もちろんリゾートにもぴったりで、フラットサンダルに籐カゴでリラックス感を演出するのも素敵です!

 

 

最後に【Tシャツ】

 

カットソー Julien David  TLE1809 ¥30,000+tax →¥21,000+tax PCスマホ
スカート トゥエモントレゾア 18SM39TU ¥38,000+tax →¥26,600+tax PCスマホ
スニーカー ミュベール MA81ESH004 ¥28,000+tax→¥19,600+tax PCスマホ
バッグ arron B015MEDIUM ¥26,000+tax PCスマホ
ネックレス rada  C3890 ¥21,000+tax PCスマホ

 

親日家で知られるパリ発のJulien David(ジュリアンディビッド)のTシャツは、日本で作られたオリジナルの生地を使用したもの。カットとシャツをドッキングさせたカッティングがおもしろく、裾に配したドロストで自由自在に調整できるため、実はスタイリングでアレンジしやすいTシャツです。

スポーティーなアイテムを女性らしく見せるにはフェミニン度高いスカートを、今回はチュールスカートと組み合わせ、甘辛ミックスをポイントに小物もチョイス。

ガラッと雰囲気を変えるならワイドパンツで、長い+ボリュームのバランスでモードに仕上げられます。

 

いかがでしたでしょうか。

個性光るアイテムも、シーンに合わせたスタイリングで、是非挑戦して楽しんで頂けると嬉しいです。

そのスタイリングのお手伝いの機会を楽しみに、みなさまのご来店をスタッフ一同お待ちしています。

 

 

私事を少し。

少し前になりますが、新潮社の企画もので、 

”酵素シロップ作り”を体験してきました!

 

 

 

酵素シロップは体にもお肌にも良いとのこと。

季節の旬な果物や野菜やハーブや野草と、相性はあれどとにかく組み合わせは無数にあり、今回は無農薬レモンをベースにブラッドオレンジ、いちご、ビオラ、ハーブをミックスしました!

発酵させるには、ヌカ漬け作りのように、約1週間毎日手でかき混ぜて育くませるみたいです。
発酵させるために適したクラシック音楽とかもあるようで、ベートーベンの、、(忘れました 汗)

今回は100%発酵させるための方法で、講師の先生お手製の発酵シロップを入れてもらい、無事発酵できヨーグルトやお酒と混ぜて頂きました。

これからの季節、夏バテ対策にも有効とのことで、今度の休みにも挑戦してみようと思います!

 

---------------------------------------------

◇他の記事を読む◇
私が選んだご褒美バッグ♪CHLOE(クロエ)『FAYE(フェイ)』の魅力。
「HOW TO WEAR」〜夏のスタイリング指南
カラーで作る夏のオフィススタイル提案!
今季のワンピースコーディネートのすすめ☆