ブランド選択

Q

    X

      閉じる

      これからの時期、一枚でもアウターのインナーにも大活躍するニット&スウェット。
      あなたなら今年の秋冬おしゃれアイテムとしてどちらを選ぶ?

      今回はニット派とスウェット派にわけて、今季おすすめのアイテムをご紹介!

      シンプルなハイゲージのモックネックニット。襟越しが高めに設定された一枚は、ジャケットのインナーとしても活躍します。
      上品な大人の雰囲気を演出してくれる一着です。

      編み柄をパッチワークのように組み合わせたニットプルオーバー。過去の開発編地のアーカイヴスから着想を得ています。素材はあえて目面が綺麗すぎないアルパカ混の糸を使用、またウェーブ形状の糸とのコンビネーションにより、ヴィンテージ感のある風合いに。

      新潟県加茂市内で生産を行うカットソーブランド、G.F.G.S.とのコラボレーション。特太番手のオーガニックコットンでパーツごとに横編みした、厚くて柔らかいざっくりとした質感の天竺素材。ドロップショルダーで少しワイドなシルエットが魅力です。

      鹿の子編みの表情のあるクルーネックニット。ネックラインと裾の切り替えがアクセントに。
      きれいめにもカジュアルににきまる一着です。

      ボリュームたっぷりな裏起毛のスウェットパーカー。
      バックにはアランニットを切り替えで配し、切り替え位置に入った「THINK REFORE WEAR」のプリント共にアクセントポイントに。
      大きめなフードも可愛い。フードについた紐も長めで垂らしたりくくったりして遊べる仕様。

      ゴールドの刺繍が施されたコットンのスウェットシャツ。
      クラシックカットとメゾンのアイコンを「アイフラワー」バージョンにリニューアルし、中央に刺繍をほどこした一枚。

      サタデーズの代表的な定番ロゴでデザインされたクルーネックタイプのスウェット。厚みはあるが軽量感のある素材を使用、裏起毛で暖かく着用できゆったりとしたシルエット、ふんわり柔かく着心地抜群。

      鮮やかなグリーンが目を惹くプルオーバースウェット。
      染めた生地を縫製するのではなく、服の型に縫い上げてから染める「ガーメントダイ(製品染め)」によって風合いを出しながら、
      かつコットン100%とはまた違うジャージ素材のような表面感が特徴。